真珠の首飾り

真珠の首飾り

MENU

真珠の首飾りとは

真珠の首飾りは冠婚葬祭などでも好んで使われるフォーマルなアクセサリーのひとつです。
真珠の首飾りは若いときはそれほど魅力を感じられないかもしれませんが、結婚の際に嫁入り道具として両親が娘に贈るくらい、特別なアクセサリーなんですね。
真珠の首飾りに使用されている真珠の色は、真珠の種類によって様々です。
ホワイト、ブラック、グレー辺りは定番ですが、グリーン、ブルー、レッド、ゴールド、シルバー、ローズなど真珠の首飾りには色々な色の真珠が使われています。
日本で一番人気があるのはピンクホワイトの真珠の首飾りです。
ピンクホワイトの真珠の首飾りが一番清楚な感じで、冠婚葬祭などシーンを選ばずに使えるのが人気の理由でしょうか。
中近東ではゴールドの真珠の首飾りが人気のようで、なんとなくお国柄を感じさせますよね。

 

 

真珠の首飾りはいいものを一つ買って、一生使い続ける人が多いですね。
品質の良い真珠の首飾りは決して安いものではないので、糸が切れたりしても買い換えたりせずに修理して使うのが一般的です。
真珠の首飾りの値段はその品質や人気度、希少性によって様々です。
ピンクホワイトの真珠の首飾りは日本人に人気があるので、日本国内では少し高価に設定されています。
逆に、イエローホワイトの真珠の首飾りは日本人にはあまり人気がない上に市場に多く出回っているので比較的安価になっています。
色の他にも、真珠の照り具合、巻きの良さ(真珠層の厚み)、形、傷、大きさなどが真珠の首飾りの値段に大きくかかわってきます。
一般的に傷が少なく、巻きの良い(深い照りのある)8mm以上の大きい真珠が使われている真珠の首飾りは高額になります。

 

 

真珠の首飾りがよくテレビショッピングで2万円ほどで売られているのを見かけますよね。
3万円は決して安い金額ではないし、そこそこ立派に見えるけど、この真珠の首飾り、品質的にはどうなんだろう?と思ったことはありませんか。
5万円以下の真珠の首飾りは、ある程度の品質の真珠では作れないといわれています。
この価格帯の真珠の首飾りは、プラスチックのように表面上の光沢しかないので安っぽく見える(実際安いのですが)だけでなく、劣化も早く長くは使えないでしょう。
品質的に安定してくる真珠の首飾りは10万円以上のものから。
高価な真珠の首飾りにはそれなりの価値があります。
生涯使い続けるのなら、自分の満足のいく真珠の首飾りを一つ、手に入れておきたいですね。